メンタルクリニックで安心を手に|心の声に耳を傾けよう

一人で抱え込まない

レディ

どのエリアでもメンタルクリニックの数は増えています。それだけ需要が増している証拠でもありますが、それだけ受診しやすい体制が整っている証拠でもあります。精神の健康は体の健康や生活の質にも直結しているので、症状が重くなる前に早めの受診を心がけましょう。

More Detail

精神疾患専門の医療機関

診察

メンタルクリニックは精神科や心療内科に対応した医療機関であり、最近はこの呼び方が増えてきました。メンタルクリニックは敷居が低いイメージがあり、実際に気軽に受けられる雰囲気が重視されています。治療は他の医療機関と変わらず本格的で、薬物療法と心理療法が受けられるようになっています。

More Detail

こころに悩みを抱えたら

ウーマン

心療内科とは違います

うつ病というものがどんなものか世間の理解が広まっていくに従い、こころの悩みを解決するために通院するという行動が昔に比べてとりやすくなりました。病院にはいろいろな診療科目がありますが、こころの悩みについて診察してもらう時は精神科や心療内科、メンタルクリニックのどれに行けばいいのか迷うこともあります。基本的に心療内科は内科の1つです。なので、身体的な不調について治療が行われます。うつ病なので内科とは関係ないと思いがちですが、うつ病は異常に汗をかいたり、発疹が出たり、女性ならば生理不順を引き起こしたりします。そういった症状に悩まされている人は、ひとまず心療内科で診察してもらいます。精神科では、こころの問題そのものに焦点を当てて治療が行われます。なので、カウンセリングを中心とした治療が進められます。必要であれば、抗うつ剤などの処方をすることがあります。ただ、精神科と心療内科を区別していなかったり、同時に2つの機能を持たせていたりする病院もあります。メンタルクリニックというのは、「精神科」では足が遠のいてしまう人のために、少しでも気軽に入りやすく考慮された名称です。というのは、昔は「精神科」に対する偏見もあり、そこに通うことは世間から白い目を向けられることにつながっていたからです。現在はWEBサイトを持っているところも増えているので、そのクリニックが得意とする分野を事前に確認することができます。

できる治療は手助けです

メンタルクリニックは、きちんとした医療機関であり、健康を目的とした治療となるため保険が適用されます。使う保険が社会保険の場合、医療費の明細書が職場の担当者から手渡されるためにメンタルクリニックへの通院がばれてしまうという心配をする人もいますが、職場が医療の内容を知ることはありません。その内容は、個人情報として守られるべきものなので本人の同意なく他者が知っていいものではないのです。もし、第三者が許可なく知るようなことがあれば重大な人権侵害とみなされます。メンタルクリニックで行えることは、うつ病を治す手助けをすることです。なので、本人の改善したい気持ちがなければ、うつ病を治療することはできません。改善したい気持ちがあるのに、改善する方法が分からないという時にメンタルクリニックを利用します。なので、本人が困っていないのに無理やりメンタルクリニックに連れていくのは状況をより悪化させる原因にもなります。ただうつ病が進行すると、全ての事柄に対してやる気がなくなり改善する気持ちすら失われていきます。ご飯を食べる、お風呂に入る、服を着替えるといった基本的な日常動作すらも出来なくなっている状態であれば、通院を促すことが必要になります。

病気の捉え方

病院

孤独感を感じさせない院内づくりにも努めるメンタルクリニックでは、心の病を治すだけではない治療を展開しています。社会で活躍できる将来性までが図られるため、回復した後、しっかり前進できるのも評価されています。

More Detail

心の病気を治す場所

聴診器とハート

メンタルクリニックは、様々な心の問題に対応してくれる病院です。子供の精神的な障害は、子供自身が受診しに行くことは無理なので家族が早期に受診させたり、本人が受診できるのであれば、ストレスなく受診できる体制が整っています。

More Detail