病気の捉え方|メンタルクリニックで安心を手に|心の声に耳を傾けよう

メンタルクリニックで安心を手に|心の声に耳を傾けよう

病気の捉え方

病院

国内と海外の違い

以前は、心の病気は精神異常とも言われ、健全者の方々から白い目で見られるケースが実情として挙げられており、精神科・心療内科を受診したい方の足を遠ざけてしまう結果が問題視されていました。ストレス社会とも言われている現在では、誰もが心の病気を発症させるリスクを持っていることがメディアなどを通して話題となり、子供から高齢者までが治療や予防のために病院を利用しています。日本では病気としての捉え方ですが、医療先進国などにおいてのメンタルクリニックでは不調の捉え方が一般化しています。例えば、女性の出産は病気ではないため、入院する必要がない考えを持つのも海外では一般化しています。病気・病人として携わることにより、メンタルの向上が図れない考えが挙げられており、病院やドクターによっても捉え方の違いに注意したい内容です。メンタルクリニックでは治療法も様々で、カウンセリングによって最適な治療法が提案されています。認知症などの脳や体などの生物学的な問題に関しては、薬物療法が国内外でも提案されています。ですが、基本は再発を繰り返してしまいやすいメンタルの強化を図るために、対処法などの指導が行われます。カウンセリングを必ず実施することによって、不安やツラさに理解を示すことを重視してくれます。ですが、回復期に突入した場合、仕事や学業、家事などがこなせないケースが問題視されており、対処や対応能力を高めることが体だけの病気との違いに挙げられています。

休養で前向き

うつ病を代表する心の病に対し、治療を行うのがメンタルクリニックで、精神科・心療内科をひとくくりにした総合科として機能しているのが特徴です。不安感などを持つ方にとって、クリニックの敷居が高く感じるケースは未だに少なくはなく、メンタルクリニックでは様々な対策を行ってくれています。例えば、待合室には待ち時間に様々な事柄を綴ることのできるノートが用意されています。心に秘めていることを綴るだけで気持ちを整理できることや、あるいは、他の患者さんの胸の内に秘めた思いのノートを読者として読むことで共感するなど、様々な効果を生み出すことに繋がっています。精神科・心療内科のノウハウを培っているドクターがカウンセリングから治療まで行っていますが、心の病気に関しては再発を繰り返してしまうケースも現実的に起こってしまうため、休養を一番に提案してくれます。うつなどの心の病気に陥りやすい性格には真面目さが挙げられており、メンタルクリニックでは休めないなど、真面目過ぎる生活態度を修正する精神療法を提案してくれます。また、入院などの不安や恐怖心を煽る治療は展開せず、外来通院しながら休養が図れます。近年では、園芸や絵画を楽しめる治療や動物セラピーなど、患者さんからは心からの休養が図れる点で人気を集めています。